■ ザルツブルグ モーツァルトウィーク 音楽祭

2018年度 実施コース : 【コースコード】 滞在日程・泊数 / 公演内容 参加費用

【MOZ801】  2018年1月26日(金)~1月28日(日)・3泊
26日 歌劇 「後宮からの逃走」  モーツァルト劇場午後7時30分開演
      指揮ルネ・ヤーコプス    演出
アンドレア・モーゼス  
      セリム・バシャペーター・ローマヤーコンスタンツェロビン・ヨハンセン
      ベルモンテ: セバスティアン・コールヘップ、 ブロントヒェン: イム・スンヘ、
      オスミン: デイヴィッド・ステッフェンズ、 ペドリロ: ユリアン・プレガルディエン
      管弦楽: ベルリン古楽アカデミー  合唱: ザルツブルグ・バッハ合唱団

27日 ウィーン・フィルハーモニー演奏会   祝祭大劇場午後7時30分開演
      指揮ロビン・ティチアーティ   ヴァイオリンルノー・カピュソン
      エルガー: ヴァイオリン協奏曲、 モーツァルト: 交響曲第41番 「ジュピター」

28日 カペラ・アンドレア・バルカ演奏会  モーツァルテウム大ホール午前11時開演
      指揮・ピアノ: アンドラーシュ・シフ    ピアノリオ・クォック・ワイ
      J.S.バッハ: 2台のピアノのための協奏曲第1番、 第2番、 音楽の捧げもの、
      モーツァルト: アダージョとフーガ ハ短調、 ピアノ協奏曲第24番

28日 イングリッシュ・バロック・ソロイスツ演奏会   祝祭大劇場午後7時30分開演
      指揮: ジョン・エリオット・ガーディナー
      ヴァイオリンイザベル・ファウストヴィオラアントワン・タメスティ
      モーツァルト: 歌劇 「牧人の王」より 序曲とフィナーレ、
      ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲、 交響曲第32番、 第39番

パッケージ代金   A料金=437,000 円   B料金=323,000

【MOZ802】  2018年1月30日(火)~2月1日(木)・3泊
30日 歌劇 「後宮からの逃走」  1月26日と同じ
31日 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会   祝祭大劇場午後7時30分開演
      指揮アラン・アルティノグゥル   ピアノピョートル・アンデルシェフスキ
      モーツァルト: 交響曲第31番 「パリ」、 ピアノ協奏曲第27番、

      ビゼー: 交響曲第1番

❖ 1日 ハーゲン弦楽四重奏団演奏会  モーツァルテウム大ホール午前11時開演
      クラリネットイェルク・ヴィトマン
      ヴィトマン: クラリネット五重奏曲、 モーツァルト: クラリネット五重奏曲
 1日 モーツァルテウム管弦楽団演奏会  モーツァルテウム大ホール午後7時30分開演
      指揮リッカルド・ミナージ  

      ヴァイオリン: アンティエ・ヴァイトハース、 フランク・シュタットラー、

      チェロ: フローリアーン・ジンマ、 オーボエ: イザベラ・ウンテラー、

      チェンバロ: フローリアン・ビルサク
      J.C.バッハ: 交響曲変ロ長調Op.18-1、 協奏交響曲 変ロ長調 W.C48
      モーツァルト: ヴァイオリン協奏曲第5番 「トルコ風」、 交響曲第35番 「ハフナー」

パッケージ代金:   A料金=417,000 円   B料金=305,000

【MOZ803】  2018年2月2日(金)~2月4日(日)・3泊
 2日 歌劇 「後宮からの逃走」  1月26日と同じ

 3日 ウィーン・フィルハーモニー演奏会   祝祭大劇場午後7時30分開演
      指揮ワレリー・ゲルギエフ   クラリネットイェルク・ヴィトマン

      モーツァルト: 歌劇 「皇帝ティートの慈悲」 序曲、 クラリネット協奏曲 イ長調

      チャイコフスキー: 組曲第4番 「モーツァルティアーナ」、 弦楽セレナーデ

 4日 モーツァルト アリアの夕べ   モーツァルテウム大ホール午後6時開演
      テノールローランド・ビリャソンソプラノレグラ・ミューレマンショバーン・スタッグ

      指揮クリスティーナ・ポスカ  管弦楽:モーツアルテウム管弦楽団

      歌劇 「ドン・ジョヴァンニ」 より

      オッターヴィオのアリア “私の大切な人を慰めてやって下さい”

      レチターティーヴォとロンド

      “わが憧れの希望よ。ああ、あなたはいかなる苦しみか知らない”

      ソプラノのためのアリア “あなたに明かしたい、おお神よ”、

      歌劇 「後宮からの逃走」より コンスタンツェのアリア “どんな拷問が待っていようと”

      テノールのためのアリア “尊み崇めて”

      レチタティーヴォとアリア “うるわしのわが恋人よ、さようなら~とどまって、いとしき人よ”

      大ミサ曲よりソプラノのためのアリア “聖霊によりて”

      歌劇 「魔笛」より パパゲーノとパパゲーナの二重唱 “パパパの二重唱”   
パッケージ代金   A料金=398,000 円   B料金=278,000

A料金=ホテル・ザッハー利用    B料金=ホテル・アウエルスペルグ利用

上記料金には、希望ホテルでの全期間の宿泊(2人部屋を2人で使用)とその際の毎朝食及び青字でご案内したオペラ・コンサートのチケット(第1~第3カテゴリーのもの)を含みます。

利用ホテル

A料金=ホテル・ザッハー ★★★★★

1泊追加料金=35,000円  

個室使用料 =17,000円 (1泊につき)

                ホテルの概要】  【MAP

B料金=ホテル・アウエルスペルグ ★★★★

1泊追加料金=18,000円~21,000円  

個室使用料 =13,000円~15,000円 (1泊につき)

                ホテルの概要】  【MAP