■ ベ ル リ ン ・ フ ェ ス ト タ ー ゲ

2018年度実施コース : 【コースコード】 滞在日程・泊数 / 公演内容 参加費用

【BFT801】 2018年3月23日(金)~3月25日(日)・3泊
24日 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会  フィルハーモニーホール午後8時開演
      指揮ダニエル・バレンボイム
      マーラー:交響曲第7番
25日 ヴェルディ:歌劇「ファルスタッフ」  ベルリン国立歌劇場午後5時開演
      指揮ダニエル・バレンボイム  演出:マリオ・マルトーネ
      ファルスタッフミヒャエル・ヴォッレアリーチェマリア・アグレスタ
      ナンネッタ:ナディーヌ・シエラ、クイックリー夫人ダニエラ・バルチェッローナ
      メグ:カタリーナ・カンマーローアー、フォードシモーネ・ピアッツォーラ
      フェントン:パオロ・ファナーレ、カイウス:ユルゲン・ザッヒャー、
      バルドルフォ:シュテファン・リュガマー、ピストラ:ヤン・マルティニーク
      管弦楽:シュターツカペレ・ベルリン、合唱:ベルリン国立歌劇場合唱団

パッケージ代金   現在調整中です。 しばらくお待ちください。

【BFT802】 2018年3月29日(木)~4月1日(日)・4泊
29日 シュターツカペレ・ベルリン演奏会   フィルハーモニーホール午後8時開演
      指揮ダニエル・バレンボイム   ピアノマルタ・アルゲリッチ
      ソプラノアンナ・プロハスカメゾソプラノマリアンヌ・クレバッサ

      アルトアンナ・ラプコフスカヤ語り: マリア・フルトヴェングラー、

      合唱: ベルリン国立歌劇場合唱団
      ドビュッシー: ピアノと管弦楽のための幻想曲、

      聖セバスティアンの殉教 (ソロと語りと管弦楽のための神秘劇) 
30日 ワーグナー: 舞台神聖祝典劇 「パルジファル」   ベルリン国立歌劇場午後4時開演
      指揮ダニエル・バレンボイム   演出: ドミトリー・チェルニャコフ
      パルジファルアンドレアス・シャーガークンドリーニーナ・シュテンメ、
      グルネマンツルネ・パーペアンフォルタス: ラウリ・ヴァサール
      クリングゾルファルク・シュトルックマンティートレル: ラインハルト・ハーゲン、
      管弦楽シュターツカペレ・ベルリン合唱: ベルリン国立歌劇場合唱団

31日 ピアノ・デュオ リサイタル  フィルハーモニーホール午後4時開演

      ピアノマルタ・アルゲリッチダニエル・バレンボイム

      ワーグナー: 「さまよえるオランダ人」 序曲(ドビュシーによる2台のピアノ編曲版)、

      ドビュッシー: 6つの古代墓碑銘、 白と黒で、 リンダラハ、

      牧神の午後への前奏曲(4手編曲版)、 海(2台のピアノ編曲版)

❖ 1日 ヴェルディ: 歌劇 「ファルスタッフ」  3月25日と同じ

パッケージ代金:  現在調整中です。 しばらくお待ちください。

料金リージェント・ベルリン 利用    B料金ホテル・ブリストル・ケンピンスキー 利用 

上記料金には、希望ホテルでの全期間の宿泊 (2人部屋を2人で使用)とその際の毎朝食及び青字でご案内したオペラ・コンサートのチケット (第1~第3カテゴリーのもの)を含みます。

利用ホテル

料金=リージェント・ベルリン  ★★★★★

1泊追加料金=32,000円~38,000円  

個室使用料 =21,000円~35,000円 (1泊につき)

                ホテルの概要】  【MAP

料金=ブリストル・ケンピンスキー  ★★★★★

1泊追加料金=22,000円~28,000円  

個室使用料 = 8,000円~25,000円 (1泊につき)

                ホテルの概要】  MAP