■ グ ラ ー フ ェ ネ ッ ク・サ マ ー フ ェ ス テ ィ ヴ ァ ル   2 0 1 9

日本人にとってはあまり馴染みのないグラーフェネックはウィーンの北西約60kmにある歴史と現在が交差する町です。オーストリアの建築史で最も重要なグラーフェネック城、ヨーロッパ最大の野外アリーナを飾る超近代彫刻「雲の塔」、その周りを取り囲む広大な英国式の風景庭園。メイン会場となる”Wolkenturm”はその庭園内に建設された野外劇場。年間を通じて様々なイヴェントで注目を集めています。その中でも特に町が盛り上がるのがこのグラーフェネック音楽祭の期間です。日中はピクニック・パビリオンで好きなものを買ってバスケットを持って芝生の上でのんびりと過ごしコンサートを楽しむ準備を整えます。この知る人ぞ知るグラーフェネック音楽祭はピアニスト、ルドルフ・ブッフビンダーが音楽監督を務め、毎年トップクラスのオーケストラ、指揮者、ソリストを招聘し、絶妙のコンサート・プログラムですべての人を楽しませてくれます。

2019年度実施プログラム : 【パッケージコード】 滞在日程・公演内容・チケット代金

【GRF901】 2019年8月22日(木)~ 8月24日(日)・3日間 2公演]
23日 マリインスキー管弦楽団演奏会   午後7時15分開演
      指揮ワレリー・ゲルギエフ    ヴァイオリン: チャイコフスキーコンクール優勝者

      チャイコフスキー: ヴァイオリン協奏曲、 交響曲第6番 「悲愴」
24日 マリインスキー管弦楽団演奏会    午後7時30分開演
      指揮・ピアノルドルフ・ブッフビンダー   合唱: ウィーン楽友協会合唱団

      モーツァルト: ピアノ協奏曲第20番、
      ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第3番、 合唱幻想曲

チケットパッケージ代金:  195,000

【GRF902】 2019年8月30日(金)~ 9月1日(日)・3日間 [3公演]
31日 トーンキュンストラー管弦楽団演奏会   午後7時15分開演
      指揮ペーター・ルジツカ    ソプラノゲニア・キューマイヤー
      ルジツカ: 音楽祭委嘱作品、 R.シュトラウス: 4つの最後の歌、
      ブラームス: 交響曲第4番
❖ 1日 ヨーロッパ室内管弦楽団演奏会  午前11時開演
      指揮・ピアノルドルフ・ブッフビンダー  
      ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第1番、 第5番 「皇帝」
❖ 1日 ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団演奏会   午後7時15分開演
      指揮・ピアノラハフ・シャニ   
      モーツァルト: ピアノ協奏曲第27番、 ブルックナー: 交響曲第5番
チケットパッケージ代金  215,000

【GRF903】 2019年9月6日(金)~ 9月9日(日)・3日間 [3公演]
❖ 7日 シャンゼリゼ管弦楽団演奏会    午後7時開演
      指揮フィリップ・ヘレヴェッヘ  

      ヴァイオリン: カロリン・ヴィトマン、 チェロ: マリー=エリーザベト・ヘッカー
      ブラームス: バイオリンとチェロのための二重協奏曲、
      ブルックナー: 交響曲第2番
 8日 室内楽コンサート    午前11時開演
      チェロ: ゴーティエ・カプソン    ピアノ: ルドルフ・ブッフビンダー
      ベートーヴェン: モーツァルトの『魔笛』の主題による12の変奏曲、

      モーツァルトの『魔笛』の主題による7つの変奏曲、 チェロ・ソナタ第3番、

      ブラームス: チェロ・ソナタ第1番
 8日 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会    午後7時開演
      指揮アンドレス・オロスコ=エストラーダ  ヴァイオリンレオニダス・カヴァコス
      ドヴォルザーク: 交響詩「真昼の魔女」、 コルンゴルト: ヴァイオリン協奏曲、

      ドヴォルザーク: 交響曲第9番「新世界より」
チケットパッケージ代金:  225,000

上記料金には、青字でご案内したコンサートのチケット(第1~第3カテゴリーのもの)、音楽祭会場~ホテル間の送迎 (ホテルは会場から約8kmほど離れたワインカントリーに位置しています)を含みます。

宿泊手配もご希望の場合は以下のホテルをご利用ください

ホテル・ロイシウム・スパ・リゾート ★★★★★

  2人部屋利用のお1人様、1泊につき: 5,000 円

  個室使用料(1泊につき): 13,000 円

         ホテルの概要】  【MAP

[運営旅行会社: 株式会社アーク・スリー・インターナショナル | 観光庁長官登録旅行業第1409号]